東京 六本木 鍋

 秘密の隠れ家 六本木「石頭楼」(すーとうろう) 


 
 


 *2001年オープン当時、

  「お店の電話番号を知っている方がご紹介のあった方」とさせていただき、
  電話番号を公開せずに、

  「看板を出さない」「紹介制」のお店としてオープンし
  しばらく営業しておりましたが、

  その後、インターネットの普及により、紹介制を続けることが困難に
  なりましたので、現在はご紹介がなくてもご予約できるように
  なっております。

  「看板」につきましては、引き続き出しておりませんので、
  迷子になられるお客様も多く、ご不便をおかけしてすいません。
  最初からのコンセプトの一環としてなにとぞお許しください。

>>掲載記事:小学館 ビッグコミック スペリオール



石頭楼アネックス、
2013年6月4日オープン!!


石頭楼本店すぐそば、50mくらいしか離れていないところに
洋風の庭付き1軒屋にて、オープンしました。
本店とは一味違う雰囲気をお楽しみください。
ご予約受付開始。
03-3470-4777(本店共通)
「石頭楼(すーとうろう)アネックスの予約で」

とお申込みください。ご予約お待ちしております。
こちらも看板は出ておりません。
106-0032 港区六本木7-5-4








 2001年7月より、リニューアルしました、
 六本木にある看板の出ていない石鍋のお店
 (普通の家/マンションの一室)です。


 迷子になってしまった方は、「クンクン」匂いを
 嗅いでみてください。
 「ごま油」の匂いがしましたら、もう、お店の近所です。
 匂いを頼りに到着する方も多いです。



    





 このHPと、おつきあいで依頼された場合以外は、
 基本的に宣伝はしていません。
 (が、食べログさんが有名になるとともに
 世に広まることに・・・)

 引き続き、看板は出していません。
 「普通の家/マンションの一室」が
 店舗となっています。

 訪れる方は、芸能・政治・業界関連・自由業の方が
 中心でしたが、今は、通常の接待やデートで
 使われることも多くなりました。





お料理は、「石焼鍋」(¥5000/人)。
くせになる味です。
(味なくして看板出さずに長期営業は困難です)
秋〜冬にかけては、名物「上海蟹のコース」も
昔から人気です。

飲み物は、ビール・ワイン・招興酒。
トータルご予算8000円〜1万円くらいです。
(上海蟹のコースのときは、着地12,000〜15,000円
くらい)


家の中は、個室タイプの部屋(6人〜8人用)や、
20〜30名収容(パーティー用)できる
リビングタイプ等各種ございます。
(大きなお部屋は通常は仕切って客席使用)








接待や特別な集まり、デートには、きっと喜ばれるお店です。

石頭楼<すーとうろう>
港区六本木7-3-24 竜土ハイツ
03-3403-9888

日比谷線・大江戸線「六本木」駅より7〜8分
千代田線「乃木坂駅」より7〜8分
(看板が出ていないことと、外苑東通りから入った裏手になりますので
地図のプリントアウト、もしくは手元携帯にてのご確認をおススメします)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


*その他の、おいしいお店の情報やイベントはトップページから。
  <1人1本持込ワイン会・日本酒会・焼酎会・・・  
   ・溜池山王の本格焼鳥 ・六本木の肉&ワインバル
   ・吉祥寺のレバー専門ダイニング ・六本木の裏路地一軒家焼き鳥 
   ・入谷の鰻(幻の鰻=共水うなぎ/全国40店舗だけで提供される鰻) 
   ・茗荷谷の蕎麦きり ・沖縄の地元居酒屋 ・長崎の地元居酒屋 等々




 
 Copyright (C) 1995-2012 Tokyo Miki Club Ltd.